素人でも使えるねずみ駆除道具

subpage01

屋根裏などでカタカタと足音が聞こえたら、ねずみの存在を疑いましょう。古い木造建築などは、隙間があるとねずみが入り込み、そこで繁殖してしまうこともあります。
数が増えてくると手に負えなくなるので、被害が軽微なうちにねずみ駆除をするべきです。
今は、素人でも使える数々のねずみ駆除道具が、ホームセンターやドラッグストアなどで売られているので見てみましょう。バネ式のねずみ捕りは、よくテレビなどでも見かけると思います。

挟む力で圧殺してしまうので、死骸を捨てれば何度でも使うことができます。



カゴ式の罠は、カゴの中にねずみを閉じこめて捕獲します。
設置場所に面積を取るので、ある程度広い場所でないと使用することができません。


また、生きたまま捕獲することになるので、後の始末が大変です。
そういう意味ではあまり素人向けの道具ではないかもしれません。


同様に、粘着シートも、ねずみの通り道に仕掛けますが、上手く捕獲できても、まだ生きてもがいているねずみを、自らの手で殺処分しなければならないです。


また、粘着シートにくっついたねずみは、逃れようと手足を引きちぎってもがいている状態なので、とても正視に耐えません。



これらの道具は、一見使用方法が簡単に見えても、精神的なストレスの問題から、素人向けとは言い難いです。
毒餌は昔からあるねずみ駆除の道具ですが、それなりに効果はあると言えます。

今はただ食べさせるだけで、殺すことの出来る餌が売っているので、上手に利用しましょう。


人間が口にしてしまうと、有害な物質ですので危険です。

小さな子どもには注意が必要でしょう。
これらの方法は、まだねずみの被害が軽微なうちに有効な駆除方法です。

数が増えたり、巣を作っているような状態であれば、素人の手には負えません。



早々に駆除業者に頼んでください。